• sachi

眠れる場所

第7波爆発中!ではあるが、こうして3年もの期間何度も何度も繰り返してやってくる波にいい加減緊張感もなくなってくる。しかしながら恐ろしい数字が毎日情報として入ってくる。人と会うことも躊躇することが多くなった昨今、それでも通ってきてくれるお客様には心からの感謝しかない。

今でこそ接触感染はほぼないと実証されたが、始まった頃は触れることも感染リスクだと叩き込まれていた。

不要不急の外出はするなと言われても「ここにくるのは不要不急ではないから…」ときてくれたお客さん。そんなお客さんたちに支えられてきた


それは今でも変わらない


触れることで、体温を感じることで肌状態を察知する

触れられることで「幸せホルモン・オキシトシン」が出て副交感神経が優位になりリラックスできる。人肌の温もりはこんな時代だからこそ必要なのだと思う


ストレス社会の中で交感神経が研ぎ澄まされ不眠に悩まされる人も多い

だからこそ副交感神経を高める時間。が必要不可欠なんだ


もっともっとお客さんが快適に過ごせる

安心して 高いびきかいて眠れる空間を提供したいと思う


ここに来れば眠れる。そんな場所


そのために一人一人が技術を学び 皆さんに提供できるよう日々精進します


なんか休みたいな〜。短時間でも眠りたいな〜と思ったらここにきてください^^

お待ちしています

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

やっと開けると思っていたまん延防止も3月6日まで延長が決定した。 数字も毎日言われていると麻痺してくる 1、2人で騒いでいた日々が嘘のような70超えの数字にも慣れてきてしまう。 まん延防止。果たして効果が出ているのかは疑問である 外食しないのはまん防だからではなく、己を守るための個人の判断である。 だからそんな期間を設けなくても 行動制限は自分でするのにな〜。 オミクロンは子供さんの感染が多発して

運動時に最も疲れるのは実は「脳」 はっ?なんで? と思うが 自律神経の中枢であるのうは24時間休むことなく あらゆる部位に指令を出しているため 疲れるんです_:(´ཀ`」 ∠): ちなみに「過労死」 悲しいかなこれが起こってしまうのは人間だけです 達成感が疲労感を隠してしまう。 何かを達成した時 「あーこれで苦労も疲れも吹っ飛んだ!」と 思った経験、誰にもあるかと思いますが これは思い込みなんです

ある時を境に「怒る」と言う感情が薄れてきた。 自分の思い通りに事が運ばないとイライラして当たり散らしていた時期があった。反抗期とも違うが、仕事とプライベートの完全二重人格ぶりが顕著な時があった。 ある本と出会ったのがきっかけかもしれない。 「こうしなければいけない」と言う正義が増えるたび 人は窮屈になっていく。こうしなければ…から外れたものを悪と捉え攻撃してしまったり、外れた自分をせめてみたり…。