• sachi

気のもちよう

ある時を境に「怒る」と言う感情が薄れてきた。

自分の思い通りに事が運ばないとイライラして当たり散らしていた時期があった。反抗期とも違うが、仕事とプライベートの完全二重人格ぶりが顕著な時があった。


ある本と出会ったのがきっかけかもしれない。

「こうしなければいけない」と言う正義が増えるたび

人は窮屈になっていく。こうしなければ…から外れたものを悪と捉え攻撃してしまったり、外れた自分をせめてみたり…。

でも本当にそうだろうか?

自分の正義のモノサシは自分の中にある。

そう思い始めてから 自分と違う認識や捉え方にも腹が立たなくなった


人付き合いも相手に過度の期待を 勝手にするから

裏切られた。見損なった…となるのだ

そんな事を全部取っ払ってから 生きるのが楽になった気がするのだ


喧嘩していいことなど何もない。

後味の悪さ、空気の悪さ、何も残らないのだ

時に言いにくいことを言わなければいけない時もある

でも言い方を変えてみる

刺すようなトゲはいらないのだ


起こる全ての出来事の原因は自分にある。

そう思ってから 考え方の変換をした


全ては「気の持ちよう」なのだ

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

やっと開けると思っていたまん延防止も3月6日まで延長が決定した。 数字も毎日言われていると麻痺してくる 1、2人で騒いでいた日々が嘘のような70超えの数字にも慣れてきてしまう。 まん延防止。果たして効果が出ているのかは疑問である 外食しないのはまん防だからではなく、己を守るための個人の判断である。 だからそんな期間を設けなくても 行動制限は自分でするのにな〜。 オミクロンは子供さんの感染が多発して

運動時に最も疲れるのは実は「脳」 はっ?なんで? と思うが 自律神経の中枢であるのうは24時間休むことなく あらゆる部位に指令を出しているため 疲れるんです_:(´ཀ`」 ∠): ちなみに「過労死」 悲しいかなこれが起こってしまうのは人間だけです 達成感が疲労感を隠してしまう。 何かを達成した時 「あーこれで苦労も疲れも吹っ飛んだ!」と 思った経験、誰にもあるかと思いますが これは思い込みなんです

コロナが始まって2年。たくさんの当たり前が消えていった気がする。 人との距離感、会話、表情…。 会いたい人にいつでも会えること。 行きたい場所に自由に行くこと。 そんな日常に異変を起こした。それがコロナだ 毎日ニュースでは感染者の数をいい、恐怖心を煽る もちろん怖い でも本当に怖いのは、コロナではなく 当たり前の日常がどんどん破壊され 窮屈な生活に慣れていくことな気がする 会社員、自営業、公務、医